SPECIAL CONTENTS

特集記事


スズキが新型「V-STROM(ブイストローム)1050」と「V-STROM 1050XT」を発表!

2019/11/06 新製品・バイク・ニュース

イタリア・ミラノで開催されている二輪車ショー「EICMA2019(ミラノショー)」で
スズキさんのアドベンチャーバイクの新型が発表されたぞ

その名も「V-STROM(ブイストローム) 1050」「V-STROM 1050XT」だ

※写真はV-STROM 1050XT ヘリテージスペシャル

デザインは1988年発売のDR750Sを現代風にアレンジ

従来のVストロームシリーズでは異形ヘッドライトで鳥類のような顔つきだったけれど
今回フルモデルチェンジした新型のデザインは、人気車種「刀(KATANA)」のフロントマスクを思い起こさせるような・・・
というか、ヘッドライトユニットは刀と同じなのでは??

聞けば往年のアドベンチャーツアラー「DR750S」をモチーフにしているんだとか(写真のバイク)

前から見ると・・・あれ? オフロード版KATANAじゃん

現在のアドベンチャーバイク(BMWのR1250GSやトライアンフのタイガーなど)は特徴的なクチバシデザインを持つ車両が多いですが
1988年に発売されたこのDR750Sがそのクチバシデザインの元祖とも言われてます。
この今見ても古さを感じさせないデザインは著名なデザイナー「ジウジアーロ」氏のデザインという説もありますが、これは間違いで日本人デザイナーによる作品なのです。

いやー、私も見識間違っておりました!!

なにはともあれ
角目ヘッドライトとかショートスクリーンはまさにKATANAそのもの?
とにかくデザインが秀逸!!これはかっこいい

KATANAといい、このころのスズキデザインは痺れますなあ

骨っぽいデザイン、リアのハードケースが似合いそう♪

アドベンチャーバイクは「こう」あるべき!
とも言いたげな今回のフルモデルチェンジ
デザインが一新されただけでなく、エンジンもパワーアップ

以下はメーカー発表の資料より

1,037cm3 V型2気筒エンジンは、電子制御スロットルの採用や吸排気タイミングの調整により、出力を向上しながら燃費性能を維持し、欧州で2020年1月より新型の二輪車を対象に導入される新しい排ガス規制「ユーロ5」に対応した(欧州仕様車)。
また、出力特性を3つの中から選択可能なSDMS(スズキドライブモードセレクター)や3段階から選択可能なトラクションコントロールなど、様々な走行シーンに対応する電子制御システムS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を新たに搭載し、長距離ツーリングに求められる使い勝手や利便性を向上させた。

うーん
電子制御も盛りだくさんでパワーは上がったけど燃費の良さを維持
頑張りましたね、スズキさん!

発売は2020年初頭から、まずは欧州北米での販売開始

先に紹介した黒い車体はV-STROM 1050、ホイールがスポークタイプとなるこの黄色はV-STROM 1050XT

XTの方が上位機種という位置付けなのです

と、いうのも
V-STROM 1050XTには新採用のクルーズコントロールやヒルホールドコントロールのほか、下り坂や荷重に応じてブレーキを制御する機能なども搭載
またワイヤースポークホイールやナックルカバーに加え、アルミ製アンダーカウリング、アクセサリーバー、センタースタンド、LED式ターンシグナル、シート高調整機能、12Vアクセサリーソケットが標準装備

うーん、豪華!!

さらに!「DR750S」をベースとした1988年のパリ・ダカール・ラリー出場マシン「DR-Z(ジータ)」を彷彿とさせる特別色「ヘリテージスペシャル」(最初に紹介した赤白モデルね)も用意されている

2020年には日本で登場するであろうこの新型アドベンチャー、うーん楽しみですな!

詳しくはスズキさんのEICMA特設サイトでチェック
ススズキ海外版サイト←クリックで移動

 << 前のページに戻る