SPECIAL CONTENTS

特集記事


新発売のインカム「B+COM ONE」と「B+COM SB6X」の違いをまとめてみた

2020/02/04 新製品・パーツ/用品・ツーリング

インカムの大手サインハウスさんの新型インカムが発売されましたね

その名も「B+COM ONE(ビーコム ワン)」!

え?SB7Xじゃないの? ONEってソロ(一人)用なん?

って思ったそこのアナタ!今2世代前のインカムB+COM 4Xライトを使っているワタシが新型B+COM ONEがどんなものか調べてみましたからご安心を

それではB+com Newモデル 比較レポートスタート♪

結論から言うとソロ専用モデルでは無かった・・・

今回のB+COM ONEは手っ取り早く言うと

サインハウスのフラッグシップモデルのSB6Xの下位互換モデル!です
どこの機能が省かれているかと言うと…

通話中に音楽が聴けない

6Xは音楽を聴きながらグループトークが出来たんですよ この快適機能が無くなったのは少し痛い!けれど「エンジン音とマフラー音のハーモニーがあれば音楽なんていらない」と言うNO Music NO Life じゃ無い方には問題ないかも

他にもナビ音声を聴きながらのトーク→NG です

要するにトーク or スマホ(音楽やナビ音声)の二者択一でしか音を出せないんですよ
グループでのツーリングはあまりしないけど
一人でツーリングするライダー(ワタシみたいな人)はONEがオススメ♪

スピーカーが6Xより1mmだけ厚い

1mmなんて誤差だよー、と言いたいけど狭いヘルメットの中だから薄いに越したことない!
まあ今でも4Xを使っているワタシにとってはこれでも十分薄いんだけどね

ちなみに6Xが厚さ10mm
ONEが厚さ11mm

です

バッテリーの容量が少し小さくなった

これはまあそうだろうなあ〜という部分

6Xは3.7V 800mAで
インカム通話・・・最大約16時間
携帯通話、音楽再生・・・最大約18時間
となってます(それぞれ単体での稼動の場合)

対してONEは3.7V 650mA
インカム通話・・・最大約12時間
携帯通話、音楽再生・・・最大約14時間
ですわ(それぞれ単体での稼動の場合)

単純に6Xの75%程度のバッテリーの持ちといったところか…

それでも12時間って相当すごいけどね!
ちなみにワタシが愛用しているB+com4XライトはなんとSB6Xと同じくインカム通話16時間!
すごいな、4Xライト・・・(あれ?ONE要らない?)

マイクが1種類しか付いてない

これね!!

今まではアームマイク(ジェットタイプのヘルメットに使う長い棒がついたマイク)と
ワイヤーマイク(フルフェイスの口のところに貼り付けるタイプのマイク)が2種類とも付属してましたが

今回のONEは選択式!

B+COM ONE アームマイクUNIT or B+COM ONE ワイヤーマイクUNIT
のどちらかを買うしかない(価格は両方同じ)

マイクのオプション品は5800円(←6X用、おそらく同じものを使ってる)とそこそこの出費になるけど
ヘルメットを2種類使い分けする人以外はマイク1種類で事足りるよね

欠点らしい欠点は見当たらない

今回のONEが6Xより劣っているのはここまで(だと思う)

お求めやすい価格になっても機能はそんなに悪くなってない
むしろ6Xと同様の高機能が満載だったりするから驚きですよ


じゃあ6Xと同じ部分はどこか見てみよう


・高音質なスピーカー
サインハウスのインカムは音が良い!
大出力D級デジタルアンプと高磁力ネオジムマグネットを採用した高音質スピーカーは
ハイエンドモデルSB6Xクラスの音質とパワフルな音圧を実現
L側とR側のスピーカーに対し贅沢に左右それぞれ独立した2つのハイパワーアンプを搭載
(↑サインハウス様ウェブサイトより流用)

・最大6台繋がるB+LINK機能
6Xの友達とも簡単に繋がるよ!
※旧モデル「SB5X」「SB4X/Lite」との接続は、ユニバーサルインターコール・レシーブ機能で接続、とちょっとだけ面倒…でも繋がる
もちろん他メーカーのインカムとも繋がります…でも接続はちょっとだけ面倒

・防水機能
IP67レベルの高い防水性 これは嬉しい

・次世代のUSB規格「USB Type-C」コネクタを採用
差し込む向きが無いCタイプは本当に便利♪ワタシが愛用しているMacBookでその便利さは体感してます

・カラバリ豊富な着せ替えフェイスプレートなどもある
自分の好みで見た目をカスタムできるってのが自分仕様で嬉しいですね〜

さあ、買うのは決まった?

どうでした?
こうやってみると、かなりコスパの良いモデルだと思いますしかもお財布にもちょっと優しめ
従来のフラッグシップモデルSB6Xが¥34,800
今回のONEは¥27,000 (いずれも税抜)ですから「B+comってさー、ちょっと高いよね〜」って思ってたユーザー(ワタシ含む)には朗報っすなー

でも
ワタシ的には今使ってる4Xライト(もう5年以上愛用)でも十分かなーと思ってますが・・・

普段ソロツーリングが多いのでもし買い換えるならONEにするかも
6Xは通話するときに感度高めるためアンテナを「ビヨーン」と伸ばすのがあまり好きじゃ無い(サインハウスさん、ごめんなさい)のでアンテナ「ビヨーン」しなくても良いB+COM ONEはかなりポイント高し!

さてと、バイク用品店にでも行って実物見てくるか・・・

商品詳細

Bluetooth Ver. Bluetooth5.0
出力レンジ Class1
バッテリー Li-Po 3.7V 650mA
充電時間 約2時間(DC5.0V USB Type-C端子) ※急速充電には対応していません。
端子 USB Type-C(充電、スピーカー)
本体サイズ W94.8 × H42.1 × D23.2(mm)
本体重量 43g
防水性能 IP67相当
保証期間 ご購入日から1年間
価格 ¥27,000 (税抜)


B+com ONEのウェブサイト←クリックで移動

 << 前のページに戻る